シャンプーに入っている合成界面活性剤や防腐剤は薄毛や抜け毛の原因にも!

低品質なシャンプーには薄毛や抜け毛の原因となる成分が含まれている

シャンプーには薄毛や抜け毛の原因となる成分がたくさん含まれていることが多いです。
例えば、質の悪いシャンプーには合成界面活性剤や防腐剤が多く使用されていています。

これらは頭皮や髪への刺激が強く、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

界面活性剤について

石油系の界面活性剤は薄毛や抜け毛の原因にもなる

界面活性剤というのは、皮脂汚れや整髪料のような落ちにくい汚れを落とすのには不可欠な成分です。
その為、シャンプーには必ず界面活性剤が入っています。

ただ、石油系の界面活性剤は刺激が強い為に、頭皮や髪の毛へのダメージが大きくなってしまいます。

また、洗浄力が強いので頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうので、頭皮が乾燥や紫外線にさらされることになります。
※皮脂は頭皮を乾燥や紫外線などから守る役割があります。

石油系の界面活性剤は泡立ちが良くて、しかも安価で手に入り易いので、質の悪いシャンプーに良く使用されています。
もし頭皮や髪の健康を考えるのであれば、石油系の界面活性剤を使用したシャンプーの使用は避けた方がいいです。

石鹸系の界面活性剤も洗浄力が強いので避けた方がいい

また、石鹸系の界面活性剤というものもあります。
石鹸系は天然由来の界面活性剤で人の体には優しいのですが、非常に洗浄力が強いので髪や頭皮を傷つけてしまいます。

その為、石鹸系シャンプーの使用も避けた方がいいです。

因みに、時々、シャンプーではなく石鹸で直接髪を洗われる方もいます。
髪を洗う際には、必ずシャンプーを使用して下さい。

おすすめはアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプー

おすすめはアミノ酸系の界面活性剤を使用しているシャンプーです。

良いものを使用すると、どうしても値段が高くなってしまいます。
が、アミノ酸系の界面活性剤は頭皮や髪にとっては優しいので、ぜひアミノ酸系シャンプー利用して頂きたいです。

因みに、アミノ酸系のシャンプーは泡立ちが悪いというデメリットがあります。
泡立ちが悪いと洗った気がしなくて気持ち悪いですが、そこは気にしないようにして下さい。

ベタイン系シャンプーも低刺激でおすすめ

また、ベタイン系シャンプーもおすすめです。

ベタインとは砂糖大根(ビート)から抽出された天然由来の界面活性剤で、低刺激で頭皮や髪にもとても優しい成分です。
その為、赤ちゃん用のシャンプーにも使用されています。

ベタイン系シャンプーは保湿力にも優れていて、髪の乾燥やパサつきを抑えてくれるといった特徴もあります。

泡立ちもアミノ酸系シャンプーよりはかなりいです。
※もちろん、石油系シャンプーと比べるとかなり劣ります。

防腐剤について

防腐剤についても注意が必要です。

防腐剤には殺菌作用があり、カビや雑菌がシャンプーの中で繁殖して汚染されるのを防ぐ役割があります。
要は、シャンプーが傷まないように配合されている成分です。

この殺菌作用も頭皮や髪には刺激が強いので、薄毛や抜け毛の原因になります。
また、頭皮や髪だけでなく皮膚への刺激も強く、アレルギー反応を起こすことあるので注意が必要です。

良く使用される防腐剤にはパラベンというものがあります。
「パラベンフリー」という言葉をよく聞くので名前を聞いたこともある方が多いと思いますが、
パラベンは少量でも効果を発揮してくれるので良く使用されます。

個人的には「パラベンフリー」という商品をおすすめしたいところですが、
その場合にはパラベンの代わりに他の防腐剤が入っている可能性もあります。

お風呂場というのは高温多湿で、防腐剤が入っていないとシャンプーは直ぐに傷んでしまいます。
なので、防腐剤の使用は仕方ないとは思います。

どうしても防腐剤が気になる方には、「防腐剤無添加」のシャンプーをおすすめします。
ただ、「防腐剤無添加」と謳っているシャンプーは使用期限が短くなっている場合もあるので注意して下さい。

また、オーガニックシャンプーと謳っている商品もありますが、
防腐剤の代わりに、植物由来の防腐効果のある成分が入っている可能性があります。

天然由来であっても殺菌作用がある以上は、必ずしも髪への刺激が無いわけではないので注意が必要です。
といっても、安全性という点では合成の防腐剤が入っているシャンプーよりは安心して使用できます。

最後に

シャンプーを選ぶ際には、アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を使用したシャンプーをおすすめします。

石油系n界面活性剤は安価なために安い低品質なシャンプーによく使用されますが、頭皮や髪を傷めるので薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。

アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤はどうしても値段が高くなってしまいます。
それでも、髪の健康を考えるのであれば、アミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプーを使用しましょう!