ヘアカラーは薄毛や抜け毛を誘発します!

ヘアカラーは薄毛や抜け毛を誘発する?

ヘアカラーの薬剤は刺激が強い

ヘアカラーに使用する薬剤にはジアミンやアルカリ剤が多く含まれています。
その為、薬剤が地肌に付くと刺激があり少し痛みを感じることがあります。

刺激が強いので、地肌に付くと炎症を引き起こすこともあります。
また、髪の毛を傷めてしまうので、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

ヘアカラー自体が直接、薄毛や抜け毛の原因になる訳では無いと言われています。
ただ、これらのことが原因で頭皮環境を悪くするので、
結果、薄毛が進行したり、抜け毛が増えてしまうこともありえます。

ヘアカラーはプロに任せた方がいい

上記でも説明したように、ヘアカラーに使用する薬剤は刺激が強いので地肌に付かないようにすることが多いです。

その為、自分でヘアカラーを行う場合には、注意して行う必要があります。
が、やはり、いくら注意していても地肌に付いてしまうことが多いです。

それに、ドラッグストアなどに売られている市販の薬剤は安いですが、刺激がより強いものが多いです。

その為、美容室や理容室に行ってプロの方に行って貰った方がいいです。

少しでも安く済ませる為に自分で行おうとされる方が多いですが、
ヘアカラーに関してはプロに任せた方が絶対に安全です。

ヘアカラーの後は髪や頭皮のケアも大切

ヘアカラーの後は髪や頭皮が傷ついた状態になります。

もちろん、プロに任せればしっかりとケアも行ってくれるのである程度は軽減されます。
ただ、それでも傷ついた状態であることには変わりません。

その為、自信でもしっかりとケアを行うようにしましょう。

例えば、血行を良くすることが大切です。
血行の改善により頭皮まで栄養がしっかりと届くようになるので、健康な髪も育ちやすくなります。

血行改善のためには、

・お風呂では、シャワーだけで済まさず、半身浴でしっかりと温まる
・シャンプーと一緒に頭皮マッサージを行う
・体を温める食材を多くとる
といったことが多いです。

 

また、

・髪にいい食事を心がける(脂っこい食事を避け、髪を作るタンパク質を多く摂る)
・しっかりと睡眠をとる
・育毛サプリメントを使用する

といったこともおすすめです。

 

さらに、使用するシャンプーにも注意して下さい。
石油系の界面活性剤を使用したシャンプーは安価ですが、髪や頭皮を傷つけるのでおすすめできません。

アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤を使用したシャンプーが髪や頭皮にも優しくておすすめです。
いいものは高くなりがちですが、髪や頭皮を傷つけないシャンプーを使用することも大切です。

それと、トリートメントで髪の毛をケアすることもおすすめです。
ただし、トリートメントは油分を多く含むので、使用する際には頭皮に直接付かないように気を付けて下さい。

トリートメントは頭皮に付くと洗っても落ちにくくて、フケや臭いの原因にもなります。
使用する際には充分に気を付けて下さい。