男性の将来的な薄毛を診断する遺伝子キット「AGAドック」

AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

男性の方にはこんなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

・自分の父親や祖父は髪が薄かったけど、自分も将来ハゲてしまうのではないか?
・今は髪はふさふさだけど、将来薄毛になる可能性はないのか?

そんな方におすすめしたいのが、AGA(男性型脱毛症)の為の遺伝子検査キット「AGAドック」です。


AGAドックとは、10代~40代の男性を対象にした薄毛の遺伝子検査キットです。
この検査キットを使用することで将来的なAGA発症の危険度を測定することができます。

また、この検査キットでは薄毛治療薬(フィナステリド=プロぺシア等)の治療効果を測定することも可能になっています。

使い方は簡単!
綿棒で頬(ホホ)の内側を軽くこすって送るだけ!
これだけで、2~3週間後には検査結果が郵送で届きます。

AGA遺伝子検査キットで分かること

AGA遺伝子検査キットで分かるのことは以下の2点です。

■若い時期にAGA(エージーエー)を発症するリスクを予測
■フィナステリドによる治療効果の予測

AGAの一般的な原因は、アンドロゲンという男性ホルモンによる影響が最も大きいと考えられています。
AGAドックでは、このアンドロゲンを受け取る受容体の感受性を遺伝子レベルで分析して予測しています。


遺伝子検査の実施方法

■まずは、口の中を2回、水でよくすすいで下さい。

■送付されてきたカルポーター(綿棒)を使って、一方の「頬(ホホ)の内側の細胞」を採取します。
※細胞がカルポーター(綿棒)全体にしっかりと付着するように20回ほど回転させて下さい。

■同様にして、反対側の「頬(ホホ)の内側の細胞」も採取します。

■カルポーター(綿棒)の綿部を室温で10分ほど放置し、乾かします。
※これは必ず行ってください。
※乾燥させている間は、綿部が何かに触れないように注意して下さい。

■カルポーター(綿棒)の綿部がしっかりと乾燥したら、ケースに入れてしっかりとキャップを締めます。

これで完了です!

この時、必ず検査キットに同封されているカルポーター(綿棒)を使用して下さい。
一般の綿棒は使用できないので注意して下さい!

AGA遺伝子検査キットの検査の流れ

■まずは、ショッピングサイトよりAGA遺伝子検査キットを購入します。
※代金の支払い方法は「クレジットカード決済」「代金引換」「銀行振込」より選べます

■お振り込み金額の確認後、通常3営業日以内に商品が発送されます。
※お届けはクロネコヤマト便です

■内容物の確認を行います。
内容物は以下になります。
・遺伝子検査・採取方法説明書
・検査申込書(表)・AGAチェックシート ※マークシート(裏)
・AR(アンドロゲン受容体)遺伝子検査同意書
・ID番号シール
・カルポーター(綿棒)
・返信用封筒
・※赤字はご返送いただくものです。

■遺伝子検査を実施します。

■AGA遺伝子検査キットを検査機関への返送します。

■約2~3週間で検査結果がお手元に届きます。
伝票の品名には「報告書在中」と記載されているので、封を開けない限り中身が分からないようになっています。

AGA遺伝子検査キットはこんな方におすすめ

AGA遺伝子検査キットは以下のような方におすすめです。

・将来、薄毛になる可能性はないかを知りたい
・薄毛になった時に薄毛治療薬は効果があるのかを知りたい

AGA遺伝子検査キットを使用する意義

将来的な薄毛の危険性を知ったところで意味があるの?」とお思いの方も多いと思います。

ただ、考えてみて下さい。
もしも、将来的に薄毛になってしまった場合、きっと若いうちに何もしなかったことを後悔することになります。

そんな後悔をしないためにも、まずはAGA遺伝子検査キットで将来の薄毛の可能性を調べてみませんか?

検査の結果、もし薄毛になる危険性があると診断されれば、直ぐにでも将来の為の薄毛対策を始めて下さい。

実際に薄毛になってしまうと、その後の治療には時間もお金も掛かってしまいます。
30代後半や40代になる頃には、金銭的にも余裕のある生活を送りたいですよね!

その為にも、まずは自分の将来の薄毛の可能性を把握することから始めてみることをおすすめします。


安心の1年間サポートあり

AGAドックでは、結果に関する質問を1年間受け付けてくれます。
その質問に対する回答は、専門のスタッフがEメール、または電話で丁寧にサポートしてくれます。

薄毛になる危険性があると判断されたけど、何をすればいいのか分からない方も多いと思います。
そんな場合にあサポート体制が整っているのは安心ですね!

最後に

薄毛は遺伝によるところも大きいと言われています。
ただ、実際には親や祖父母、兄弟が薄毛だからと言って、必ずしも自分も薄毛になるとは限りません。

また、生活環境などでも薄毛になる可能性はあるので、必ずしも遺伝だけで薄毛になるとは限りません。

ただ、まずは遺伝的に「自分は大丈夫なのか!?」をAGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キットを使って調べてみて下さい。
その結果、薄毛になる危険度があるのであれば、その危険度に応じて、まだ髪がフサフサのうちから対策を取りましょう!

もし、こちらの記事を読んで頂いて一度、遺伝子キット「AGAドック」を試してみたいという方は、以下のバナーから申し込みをして頂けると嬉しいです。